ノナカ電器株式会社
TOPページへ
PAレンタル
レンタルスタジオ
お問い合わせ



 JBL K−110 (8Ω)は、アルニコマグネット使用で、ダイナミックレンジと過度特性が優れた、10インチ(25cm)経ワイドレンジスピーカーです。
数年前まで発売されていた、素晴らしい性能のE−110のアルニコ版です。
 ホールや演奏会場でナチュラルサウンドで高い音圧レベルを必要とする場合等では、これをラインアレーで使用すれば、最高の性能がはっきり出来ます。
発売当時、K−110のユニットを使い、ラインアレー 4682の型番で、当時の価格で ¥600,000 程(1台)で販売されていました。
 何よりの特長は高い音圧と、ボーカルの素晴らしい自然さはこのユニットを使ったアレータイプのSPシステム以外考えられない程の最高の音作りが出来ます。
現在私も、E−110のユニットで1セット持っていますが、一番良く使っていますし、会場の人気も非常に良いので手放せません。
 もちろん、ウーハーBOXを使って2段で使っていますが、最高システムです。
 連番等も含め、8本有ります。
※このウィンドウは新しく開いております終了される場合は
ウィンドウを閉じてください



住所・TEL・FAX・E-mail